とってもいいこ

☆DX BB3300    ☆EX(カンジュク) leo7

冬春眠篭







コウモリ ヤマネシマリスなどの小型の恒温動物も冬眠を行う


小型の動物では体重に対する表面積の割合が大きいため

体温を維持するために大量のエネルギーを必要とするのである


冬眠前には巣の中に食料を蓄えたり

体内に脂肪が蓄えられる


また体内の脂肪の不飽和度が上がり凍結することを防ぐ

冬眠時 体温は気温よりやや高い一定温度

(コウモリでは5℃,ヤマネでは0℃くらい)を維持する

また通常に比べ代謝レベルが数十分の1まで低下する


大型のクマアナグマなどは冬ごもりを行うが

これは真の冬眠ではなく、むしろ睡眠に近い状態であり

体温の低下も数度以内でわずかな刺激で目ざめる

ってことは7Bは冬ごもりに近い状態ですなわっはっは

このエントリーをはてなブックマークに追加

「冬春眠篭」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
叶三姉妹 (2016/01/03)
仔猫説明 (2009/07/01)
千代子姐 (2014/06/12)
コメント

この写真、人がバンザイしつつ土の中から飛び出したようにみえます。
あ〜んまり寝てると、瞼に目の落書きをしちゃうどー

君も、

ヤマネのようにまるまって

かわいくおねんねしているのかな?

そして、たまにころころ転がって

お布団のそとへ転がったり‥

私はヤマネ大好きなんですよ。

写真もってますし‥。

いずれは、実物を見たいな。

いやそのために、

森の中に家をたてたいぐらい。

ゆっくり休むんだよ。

くちばしのあるヤマネちゃん。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

close